Rei|ギター巧すぎ!ブルースをルーツに持つ女性シンガーソングライターを紹介

シンガーソングライター、Reiの画像 シンガーソングライター(日本)
Rei OFFICIAL WEBSITEより

今回は女性シンガーソングライターReiについて紹介していきます。

たまたまラジオで流れてきた超ブルージーでクールなギター。
続けて聴こえたのはキュートな女性ボーカル。
調べてみるとReiという女性シンガーソングライター

さらに調べてみると、
ギターを弾いているのは彼女自身。

まじか・・・
と思いました。
こんな味のあるギタープレイをする女性シンガーソングライターを
僕は好きにならずにはいられませんでした。

今回はそんな凄腕ギタリストであり、女性シンガーソングライターのReiについて、
魅力を紹介していきたいと思います 。

関連記事:【2019年】次にブレイクする女性シンガーソングライターは?

 

Reiのプロフィール

Reiは1995年生まれ、
兵庫県出身の女性シンガーソングライター。

幼少期をニューヨークで過ごし、
帰国後もインターナショナルスクールに通っていたことから
英語の扱いは自由自在。

4歳からクラシックギターをはじめて、
5歳でブルーズギターに出会ったそう。
以降ブルースを基調として様々なジャンルと出会い、それらを取り入れた彼女のプレイスタイルが確率されていくこととなります。

長岡亮介によるプロデュース

自ら長岡亮介にプロデュースを依頼し、
2015年2月に1stミニアルバム『BLU』をリリース。

自分から依頼するっていう行動がすごいですね。
さすがニューヨーク育ち!?

超豪華メンバーが揃う、iki orchestra

ARABAKI ROCK FEST.17では「iki orchestra」というバンドで参加しています。
メンバーは、

  • Rei:ギター&ボーカル
  • 日向秀和:ベース
  • ちゃんMARI:キーボード
  • 中村達也:ドラム

という超豪華メンバー。
ひなっち、個人的にめっちゃ大好きなベーシストです。

ARABAKI以降もiki orchestraはメンバーや構成を臨機応変に変えつつフェスを中心に活動しています。
最近ひなっちはあまり参加していないようなので、
少し悲しい・・・

Reiの楽曲を聴いてみよう

もちろん歌声もすごい魅力的なんですよ。
英語もめっちゃかっこいいし、
力強くもキュートで、聴いていてスッと入っていくるような歌声だし。

でもやっぱり
ギターがすごい!
どうしてもそこばっかりに耳がいってしまうし、
何回聴いても衝撃を受けます。

1stアルバム『Rei』より「My Name is Rei」


彼女の自己紹介的な1曲。
Reiさん凄えっすわ・・・
こんな渋いギター弾きながらうたってる女の子初めて見たよ・・・

しかもこの曲、
ベースを弾いているのは皆さんご存知
KenKenでございます。

ミュージックビデオも可愛く仕上がってるしいうことなしです。
(ちっちゃいFleaまでいるし)

1stアルバム『Rei』より「Silver Shoes」


こういう曲もありですね。
王道のポップソングという感じで。
あまりロックとか聴かない人もこの曲を入り口にして、
Reiを知ってほしいですね。

ただ1つだけ言いたい。
Silver Shoesみたいな曲のほうが一般受けがよいのは事実ですが
今後こういう曲ばっかりにはならないでほしいなと思います。

アルバムの中に1曲ぐらいReiがギターを弾きまくるインストの曲があってもいいぐらい。

もっとReiを聴きたい人はこちらをチェック

Rei 公式サイト

Rei 公式ツイッター

 

Rei|ギター巧すぎ!ブルースをルーツに持つ女性シンガーソングライターを紹介:まとめ

今回はシンガーソングライター/ギタリスト、Reiについて紹介していきました。

シンガーソングライターとして、
ギタリストとして、
これからどのように進化していくの楽しみで仕方がありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます!
このメディアが素敵な音楽と出会うきっかけになれば幸いです。

では、今回はこのへんで。

コメント