Attractions|ユーモア溢れるMVとは?福岡発世界進出を目論む5人組バンドを紹介

Attractionsのプロフィール画像 バンド(日本)
Attractionsオフィシャルウェブサイトより

Attractions

福岡からとんでもないバンドが現われました。
今回は日本だけでなく海外での活動を視野にいれたサウンドを鳴らすバンド「Attractions」を紹介します。
UKロックをベースにディスコ、シティポップ、シンセポップの要素をミックスしたようなサウンドとキャッチーなメロディが魅力で、コアな音楽ファンからライトな層まで幅広く受け入れられるバンドだと思います。

Attractionsのプロフィール

Attractionsは2016年に福岡で結成された5人組バンドです。前身バンドであるJENNIFER ISOLATIONの解散に伴い、ボーカルのURO、ギターのTAKE、ベースのJUNを中心に、同じく福岡で活動していたドラマーのAKIRAとキーボードにmassiveeffectを迎えて結成。

2017年には「GIMMICK-MAGIC」というレーベルからデビュー。このレーベルは「福岡を中心に日本とアジアが交わって新しいカルチャーを生み出す」という理念のもと、長年福岡のカルチャーを牽引してきた老舗アパレルショップ「BINGO BONGO」によって2017年に設立。Attractionsはその第1弾アーティストとしてデビューしました。

 

福岡のアパレル業界では知らない人がいないぐらい有名なアパレルショップだそう!

福岡からアジアへ!

彼らはたびたびインタビューなどで日本だけでなく、アジアや世界への進出を視野に入れているというようなことを話しています。福岡は東京に行くよりも韓国に行ったほうが近いという土地柄ですし、前身バンドJENNIFER ISOLATIONでは韓国の釜山のフェスへの出演などアジアでも活躍していたので彼らがそこを目指すのは自然な流れといえるでしょう。また、ボーカルのUROは日本とインドネシアのハーフで11年間インドネシアに住んでいたということも大きいでしょう。

Apple MusicやSpotifyでも大注目!

2017年8月に配信でリリースされた「Knock Away」はSpotifyによる主要プレイリスト「Early Noise」「Tokyo Rising」に収録され、さらにApple Musicでは「今週のNEW ARTIST」に選出されるなど多くのところで注目されているバンドです。

楽曲紹介!

デビュー作「Knock Away」


引用:https://www.youtube.com/watch?v=RhqkazxbeJw

ミュージックビデオをぜひ見ていただきたい!インスタグラム使ったとてもオシャレな作品となっています。ミュージックビデオに登場するのは実在する”博多美女”たちで登場するインスタグラムのアカウントも実在するものです。

もちろん楽曲もすごくオシャレでライブではもちろん、クラブなどで流れていても間違いなく盛り上がるパーティチューンです!

さらにこの楽曲は、The Cigavettes(現在は解散しています)のギタリストであり、くるり・銀杏BOYZ・BOOM BOOM SATELLITESでサポートギターとして活躍する山本幹宗をプロデューサーとして迎えています。

サビのフレーズが印象的な1曲!「Leilah」

ギターサウンドを全面に押し出した1曲。繰り返されるフレーズやワウを効かせたソロも聴きどころです。ギターだけでなくサビの「レイラ~」が印象的で曲に合わせてつい口ずさんでしまいます。ミュージックビデオではエモーショナルに歌い上げるUROにも大注目!

ハーレーダビッドソンとのコラボ楽曲!「Instant Jam」

Attractionsの最新曲「Instant Jam」
繰り返されるベースのフレーズに合わせて体を揺らしたくなるダンサブルな1曲!紹介した3曲ともも盛り上がること間違いなしのパーティチューンですが、どの曲も違った良さ・魅力がありこの3曲だけでも延々とリピートして聴いていられます。

1st EP「Attractions」発売中!!

2017年10月4日に発売された 1st EPです。先ほど紹介した「Knock Away」が収録されています。
盛り上がるパーティチューンけでなくしっとりとしたバラードナンバーやミドルテンポでメロウな楽曲も収録されていてAttractionsの魅力が存分につまった作品となっています!まだYouTubeで公開されている楽曲しか聴いたことがないというも人もぜひこの作品を聴いてみて下さい。さらに彼らを好きになること間違いなしかと!

1st アルバム『DISTANCE』からリード曲「Rock’n the Weekend」

12月5日に発売される1st アルバム『DISTANCE』からの1曲。
印刷工場を舞台に“週末のアンダーグラウンドパーティー”というテーマで描かれたミュージックビデオとなっているそう。80’s感もあって幅広い世代が”ノレる”サウンドかと。

今回の楽曲は日本語が使われていますね。「Knock Away」に続いてパーティ感MAXだしこういう新しい試みとか挑戦していく姿勢は凄いなと思います。どんどん進化していってほしい。

 

 

Attractions|ユーモア溢れるMVとは?福岡発世界進出を目論む5人組バンドを紹介:まとめ

今回はAttractionsというバンドを紹介しました。
彼らが世界で活躍する日もそう遠くはないじゃないかなと思います。あるいは日本よりも先にアジアなどの海外で有名になる可能性もあります。そうなるとなかなかライブに行くこともできなくなるかと思いますので今のうちに!チェックしておくことをおすすめします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアもよろしくお願いします。

では、今回はこのへんで。

コメント