赤いアフロ|ダサかっこいい!?ファンキーな3人組バンドを紹介

ロックバンド「赤いアフロ」のアーティスト写真 バンド(日本)
赤いアフロオフィシャルウェブサイトより

今回は赤いアフロというバンドについて紹介していきます。

このバンドとの出会いはたまたまTwitterのタイムラインで見かけたのがきっかけでした。バンド名と自動再生された動画が気になったので音量を上げて聴いてみたところ、同時に2つの感情が湧き出てきました。

それは「かっこいい!」と「だせぇwww」

相反する2つの感情、結局何が言いたいかって言うと、僕はこのバンドを好きになってしまったということ。

 

赤いアフロのプロフィール

赤いアフロは2018年に結成された大阪発3人組のロックバンドです。
公式ホームページやTwitterのプロフィールには”電光石火のセンチメンタルR&Bバンド”と紹介されています。

現在リリースされている音源は11月29日に発売された1stミニアルバム『ヴァージン・ショット』のみで、ライブ会場限定での販売となっています。
YouTubeにてトレーラーが公開されていますので視聴することができます。

メンバー

  • ヨギショータロー(Vo/MC)
  • 井上ヨースケ(Gt)
  • スエハラユーイチロウ(Dr)

赤いアフロの自己紹介的な1曲。まずはこれを聴け!

現在YouTubeで公開されている彼らの唯一の楽曲「赤いアフロのテーマ~Red to the AFRO~」。1stミニアルバム『ヴァージン・ショット』にも収録されています。

赤いアフロのテーマ~Red to the AFRO~

すごい中毒性の高い楽曲で気づいたら何度も再生してしまっている自分がいました。最高にダンサブルだし、歌声、ギター、ベース、ドラムどれをとってもめちゃくちゃかっこいい。

でもこのかっこよさの中に思わず”草”をはやしてしまいたくなるようなダサさを感じるのは僕だけでしょうか。なんとなーく古臭い感じとか、裸にジャケットとか、”Macho macho BABY~♪ Macho BABY~♪”とかくっそダサくないですか?www

僕は彼らがただかっこいいだけだったら絶対に好きにはなってなかったと思います。かっこよさの中に絶妙なダサさをうまく取り込んで、そのダサさもふくめてかっこよくみせるのってなかなか難しいことなんじゃないかなと。

 

 

赤いアフロをもっと知りたい人はこちらもチェック!

赤いアフロTwitter

赤いフロオフィシャルサイト

赤いアフロYouTubeチャンネル

まとめ

今回は赤いアフロというバンドを紹介していきました。
偶然Twitterで見かけてそのままスルーしてしまわなかった自分を褒めてやりたいです。
結成されたばかりでまだまだ楽曲も少ないこれからのバンドですが、今後の活躍に大注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます!
この記事が気に入ったらシェアもよろしくお願いします。

では。今日はこのへんで。

コメント